早分かり! ホームページ値段の仕組み

ホームページの制作方法について

制作会社によって様々なホームページの制作方法があります。
といっても、詳しい方でないとなかなか特徴が分からないかと思いますので、それぞれの制作方法の特徴やメリット・デメリットについて簡単にご説明致します。

制作方法各種メリット・デメリット早見表
  オリジナルデザイン テンプレートデザイン フォーマット型ホームページ
デザインの見栄え ×
(ブログ型デザインなので商用向きではない)
サイトの独自性
納期
(一からつくるので他と比べて製作期間はかかる)
製作費用
(最初から形ができているのである程度コストが抑えられている)
サイトの使いやすさ
(ユーザーごとに自由に設計できる)

▲ Page Top

オリジナルデザイン

「オリジナルデザイン」「オーダーメイド作成」というのは、個々のお客様に合わせてイチから制作する、文字通り"オリジナル"のデザインです。

メリット
  • 自社の特徴や個性をアピールできるので他社との差別化が図れます。
  • デザインやシステムの細かい調整が可能です。
  • ユーザーに合わせて使いやすいサイトをオーダーメイドで設計できます。
  • ターゲットにマッチする様々な方法でのプロモーションが可能です。
デメリット
  • 独自のサイトをイチから制作するため、製作費が高くなる場合があります。(他の制作方法と比較)。

こんな方にオススメ!
  • 自社の個性や独自性を出して他社と差別化したい方
  • デザインにこだわったホームページを作りたい方
  • 集客数や問い合わせ件数のアップなどの効果を出したい方
  • 様々な方法を工夫してユーザーに情報を伝えたい方

▲ Page Top

テンプレートデザイン

「テンプレート」というのは、ホームページの雛型のことです。
あらかじめ完成したデザインが用意されており、その中から選んだテンプレートの内容を編集してホームページを制作します。

メリット
  • 出来上がっている雛型を利用するため、デザイン料などがかからずコストを抑えられます。
  • 制作日数が比較的短いため、スピーディーにホームページを開設できます。
デメリット
  • どうしても他のホームページと似たようなデザインになってしまいます。
  • サイトを使いやすくしたり見やすくしたりする工夫などについて、サイト内でできることが限られてきます。

こんな方にオススメ!
  • とにかくすぐにホームページが欲しい方
  • とりあえずホームページを作っておきたいという方
  • デザインには特にこだわらない方
  • 制作コストをできるだけ抑えたい方

▲ Page Top

フォーマット型ホームページ

CMS(シーエムエス)型ホームページ
作成や更新を自分で行えるものを「CMS型ホームページ」といいます。
「CMS」というのは、お客様ご自身でホームページのコンテンツを管理するシステムです。

ブログ型ホームページ
「企業向けブログ」や「ビジネスブログ」と呼ばれるブログで作ったホームページを、「ブログ型ホームページ」と呼びます。
個人向けの「日記」とは異なり、「商用」となるため、「問い合わせフォーム」や「資料請求フォーム」を備えたブログになります。

メリット
  • 作成も更新も自分で行うため、コスト削減になります。
  • 情報の修正や追加、更新作業がいつでも自分の好きなタイミングでできます。
  • 複雑なサイトでなければすぐにでも始められます。
  • ユーザーにとって敷居が低くなる「ブログ」という形式を取るため、コミュニケーションが図りやすくなります。
デメリット
  • テンプレートからデザインを選ぶため、オリジナリティが出しにくくなります。
  • それなりの知識が必要になる場合があります。
  • 作成や更新作業を自分で行うため手間がかかります。

こんな方にオススメ!
  • 低コストでホームページをつくりたい方
  • 自分で考えながらホームページをつくりたい方
  • ブログ形式のホームページでユーザーとのコミュニケーションを図りたい方

ホームページは制作方法によって料金や効果が大きく変わってきます。
そのため、目的やご予算に合わせた制作方法を選ぶことが大切です。
当社では、それぞれの制作方法のメリットを最大限に引き出すとともに、できる限りデメリットを軽減したプランを多数ご用意し、提案させて頂いております。

▲ Page Top